ジスロマックは効果が長く持続し、菌の増殖を抑えて死滅させます

このサイトは
抗生物質ジスロマックのサイトです。
クラミジアなど細菌感染症治療薬です。

ジスロマック【クラミジアの特効薬】

ジスロマック

ジスロマックはクラミジアの特効薬!
歯周病やマイコプラズマ肺炎にも効果を発揮します。
7箱セット:31,360円25,622円

ジスロマックはクラミジア治癒率98%!歯周病やマイコプラズマにも効く

ジスロマックはマクロライド系抗生物質の一種で、ペニシリン系のお薬が効かない細菌に対して効果を発揮します。有名なのは、性感染症であるクラミジア、歯周病、マイコプラズマ感染症への効果です。特にクラミジアに対しては、「特効薬」とまで呼ばれる高い効果を発揮します。ジスロマックを使用した際のクラミジアの治癒率は97~98%であり、ほとんど確実に治療すること出来ると言えます。

クラミジアへの効果

クラミジアは日本で最も多い性感染症です。厚生労働省の発表によると、平成28年の感染者数は24,396人。性器ヘルペスの9,174人、淋病の8,298人などに比べて、桁違いの数字となっています。自覚症状が少ないため感染に気付かず、無自覚に広めてしまっている人も多いのが現状です。

クラミジアは自然治癒はしない病気です。お薬で完全に原因菌を殺すことによってのみ完治します。

ジスロマックは、クラミジアの原因菌であるクラミジア・トラコマチス(Chlamydia trachomatis)を死滅させる効果があります。ジスロマックを1日1回500mgを、3日間かけて飲むと、ほとんどの症状が回復します。クラミジアの進行具合や症状の重さによっては、もう少し治療期間が長くなったり、2000mgなどの大容量を一度だけ、一気に飲んだりする方法もあります。医師と相談して適切な薬の量と服用期間を決めて下さいね。そして医師の指示には確実に従いましょう。中途半端に飲んで途中でやめると、菌に薬に対する耐性をつけさせてしまい、治りにくくなるからです。

歯周病への効果

歯周病は成人の薬80%が感染していると言われていますが、放置していると炎症を起こした歯茎がだんだん下がってきて、歯が長く見えるようになります。 歯周病の原因となる歯垢=プラークとは、歯の表面についている、ネバネバした黄色っぽい汚れのことです。正体は細菌の塊で、虫歯や歯周病の原因となります。 このプラークの大部分が、カビの一種であるカンジタ菌であることが分かりました。ジスロマックはカンジタ菌を始めとする歯周病嫌気性菌に対して強い抗菌作用を発揮します。1日1回2錠、3日間の服用で用いられることが多いです。

効果を十分に発揮させるためには、服用の前に歯科医院でプラークや歯石を綺麗に取り除いておきましょうね。

マイコプラズマ感染症への効果

マイコプラズマ属の細菌に感染することで起こる感染症で、肺炎などが知られています。5~15歳の若年層で発症しやすい病気ですが、乳児や大人にも感染します。飛沫感染なので、感染者の咳やくしゃみから伝染ります。潜伏期間は2~4週間で、咳・鼻水・発熱などの症状が、だんだん重くなってきます。

マイコプラズマ感染症は、原因菌であるマイコプラズマ属細菌を死滅させることでしか治りません。マクロライド系の抗生物質が効くので、ジスロマックがよく処方されます。500mgを1日1回、3日間の服用になります。症状は似ていますが、インフルエンザやコロナウイルスなど、ウイルス性の肺炎には効きません。医師にしっかり調べてもらってから飲みましょう。

 

アジー【ジスロマックジェネリック】

アジー

アジーはジスロマックのジェネリック!
ジスロマックと同じ成分と効き目でお値段は控えめです。
7箱セット:12,460円4,240円

ジスロマックの効果は長時間持続します

ジスロマックは1日1回、500mg飲めば2週間効き続ける!

ジスロマックの優れた特徴のひとつは「飲んだあと効いている時間が長い」ことです。500mgを1日1回、3日間飲み続けた場合、何と2週間も効果を発揮し続けるのです。2週間もの間、血液に入って体内を循環し続けるのですが、有効成分アジスロマイシンは、血中の白血球に入るかたちになります。白血球は侵入菌に対して攻撃性を発揮する性質があるため、ジスロマックの有効成分は自動的に患部に運ばれ、そこで白血球と一緒に病原菌を攻撃することになります。非常に効率のいい効き方をする薬であると言えます。

胃酸に強く、変質せずに血中に入って濃度を保ち続ける

ジスロマックのもうひとつの特徴は、胃酸に強いということです。胃酸に強いということは、胃に入ってから変質しにくいということです。そのため、効き方が鈍るということはありません。効果をそのままに、速やかに血中の白血球に取り込まれて、体中をぐるぐる回ったあとで患部で放出されます。そしてそこに長く留まって効き続けるという、画期的な抗生物質なのです。

ジスロマックは菌のタンパク質合成を邪魔して死滅させます

菌の増殖を防ぐ仕組み

細菌の細胞内には細胞質という部分があるのですが、ここには細菌が生き延びるために必要なタンパク質を生み出す「リポゾーム」という物質が蓄えられています。そして細菌は、タンパク質を作り出すことで増殖していき、増殖すれば感染者の病状は当然重くなることになります。

ジスロマックは「タンパク質合成阻害薬」の一種です。細菌の中の、タンパク質を生み出す部分であるリポゾームを構成している物質に結合し、動きを止めてしまうという働きをします。リポゾームがきちんと働けないと細菌はタンパク質を作り出せない訳ですから、死んでしまいます。このようにして細菌を死滅させてしまうと、細菌が起こしていた発熱、腫れや痛みなどの病状は、治まっていきます。

これがジスロマックが細菌を殺す仕組みです。

 

ジスロマック【クラミジアの特効薬】

ジスロマック

ジスロマックはクラミジアの特効薬!
歯周病やマイコプラズマ肺炎にも効果を発揮します。
7箱セット:31,360円25,622円

アジー【ジスロマックジェネリック】

アジー

アジーはジスロマックのジェネリック!
ジスロマックと同じ成分と効き目でお値段は控えめです。
7箱セット:12,460円4,240円